法人など、起業する際の事前準備には何が必要? 開業資金、会社設立、会社登記、会社設立代行、公的融資、銀行融資、取引先開発、等々、挙げればきりがありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人のデメリットとは何でしょう??

こんにちは、ハルです。


今回は法人で起業する場合の、
デメリットについてまとめてみました。

一概に言えない部分もありますが、
よろしかったらご参考にしてみてください。

・起業時に費用がかかる
個人事業の場合は、費用もほぼかからずに事業開始が可能です。
しかし法人の場合は、定款作成、定款認証、設立登記などで、
概ね25万円~30万円ほど必要となります。

・会計処理、税務処理が大変
個人事業の確定申告は、会計ソフト等の活用で自分での対応が可能です。
法人では、厳密な会計処理が必要なため、
専門の税理士さんなどに頼まなければ難しいといえます。

・社会保険料の負担
法人の場合、社会保険(健康保険、厚生年金保険)に必ず加入する必要があります。
健康保険料、厚生年金保険料は約半分が役員従業員の個人負担ですが、
約半分が会社負担となります。


他にも、交際費の制限とうが挙げられますが、
代表的なものとして覚えておいてくださいね。



ハル

スポンサーサイト

法人のメリットとは何でしょう??

こんにちは、ハルです。


法人で起業をするメリット、
様々あると思いますが、大まかなものをまとめてみました。

・社会的信用が高い
まず一番のメリットはこれでしょう。
法人は社会的な信用が高く、取引先からの信頼も得やすいでしょう。

・融資を受けやすい
これも上記の社会的信用に繋がりますが、
個人に比べて、金融機関からの信用度も高く、融資を受けやすくなります。

・人材獲得に有利
事業が大きくなるにつれ、優秀な人材の確保が必要になります。
法人ということで、人材募集においては有利となります。

・赤字の繰越控除
個人では青色申告で赤字は3年間のみ、赤字繰越が可能ですが、
法人は7年間の繰越が可能です。
大幅な赤字計上をする場合、税務的に法人は有利といえるでしょう。

・個人財産の保護
個人事業では、事業に失敗した際は個人の財産も売却してでも、
債務を返済する必要があります。
法人では、債務の支払い義務があるのは法人資産の範囲内までです。


代表的なもののみ挙げてみましたが、是非参考にしてみてください。



ハル

スポンサードリンク

Copyright © 起業、あなたが思いたったら…まず参考にしてください All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。