起業日記など、起業する際の事前準備には何が必要? 開業資金、会社設立、会社登記、会社設立代行、公的融資、銀行融資、取引先開発、等々、挙げればきりがありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と痛い…、交通費

こんにちは、ハルです。


先日、自宅(という名の事務所)から電車で1時間半ほどの
クライアント様の所へ、商談に行ったのですが、
独立してから、意外とジワジワと効いてくるもの…

そう、交通費ですね。

私は基本、商談や打ち合わせの際は、
車ではなく公共の交通機関を利用しています。
(車ですと、事故や渋滞など、時間が読めませんので)

会社勤めをしている際は、
「あとで経費で落とせるから」と簡単に考えていました。

しかしながら、独立してからは、
その交通費自体も結構、馬鹿にできなかったりします。
ちょっと商談で、打ち合わせで…とやっていると
気づいたら、月の交通費が数万円、なんてことはよくあります。

※もちろん、だからといって商談や打ち合わせを減らしたり、
極力来てもらおう、という思考にするのはダメですよ!!


特に独立前は、
「だいたい月にこれくらいの収入があれば、採算がとれる」
という目安の金額を誰もが考えると思いますが、
そこに「交通費」を考えておく方が私はいいと思います。
※もちろん業種によって増減はあると思いますが…


いつかは、商談日記なんかも書いてみようかなぁ。

それではまた。



ハル

スポンサーサイト

なぜ私が、「起業しよう」と思い立ったのか

こんにちは、ハルです。


私は所謂、IT系での起業をしたのですが、
その起業を思いたった理由についてですが、
詳しくは…秘密です(笑)

「起業しようと思った理由」、それは個人個人の特別なものですから。
だからあなたのその思いも、大切にしてくださいね。

ただ、私の場合、簡単に言ってしまうと、
「自分の力を試したかった」、
「長い間考えていたサービスを、世に問いたかった」、
といったところでしょうか。
※現実はそう甘くはなかったのですが…、このお話はまたいつかしようと思いますw


以前会社勤めをしていた際、
仕事内容や職場環境に、特別な不満や心配事があったわけではありません。

自分で言うのもなんですが、
それなりに会社から期待されていた人材でもあったと自負しています。

しかしながら、
あえてその地位や将来を捨ててまで、
「起業」という選択肢を選んだのか?

それに向かう事が、
正しいと信じていた(もちろん今も)からだと思います。


今回はやや、私個人のお話になってしまいましたね(笑)

あなたのその「思い」は、周りに何を言われても、
決して揺るがない、譲れない、そんな強いものですか??


それではまた。



ハル

スポンサードリンク

Copyright © 起業、あなたが思いたったら…まず参考にしてください All Rights Reserved.
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。